各職業の詳細に戻る

特徴

火毒は、与えている持続ダメージの数により火力が大きく変動するのだが、
ボス戦ではともかく、狩りに際して安定的にファーベントのカウントを5とするのはなかなか難しいこと、
更に、主力のナムネスバインドは速度・威力・範囲全てにおいて平均的な域を出ないことから、
対雑魚火力には微妙な部分があり、総じて狩り効率はそこそこ程度に留まる。
ただし、ファイアオーラやイフリート、テレポートマスタリーで1撃というならば話は大分変わってくる。
特にアーケインリバー等、高レベルの主力狩場でそのような状態に持っていくたためには並外れた火力が必要。
他方で、対ボスでは、基本的には安定的に多数の持続ダメージを与えられ、
ミストエラプションの高ダメージを遺憾なく発揮できる。
ただし、最近のボスには少ないものの、一部にフレイムヘイズによるボイズンミストの生成位置がずれる相手や、
エラプの命中でヘイズのCTリセットというコンボを多用する関係上、頻繁に判定が消えてエラプが空振りやすい相手は苦手。
機動力面では、テレポートが主たる移動手段なので、単純に端から端までといく速度という点では全体で見ても下位だが、
スキルディレイ中にも使える点が最大の魅力。
もっとも、テレポート系スキルの中でも、ルミナス・ビショップと並んで最も移動距離が短い類である。
尚、素のスタンスは0%であるが、マスターマジックのおかげで、メカS札とミハエルリンクLV2さえあれば、
待機時間を持続時間が上回るようになり、常時スタンス100%を維持できる。
防御面では、マジックガードのおかげで、どこまでの大ダメージを耐えられるかで言えば、かなり上位に位置するが、
回復スキルを一切持たないので、最近のボス等の回復制限マップでは苦労する。
ただし、状態異常耐性改変により、異常防止のエレメンタルアダプディングは相対的に重要性を増した。

専用システム:持続ダメージ

持続ダメージを与えるスキル自体は火毒に限らず多数存在する。
しかし、火毒の場合は、2次転職以降、周囲に与えている持続ダメージ数に応じて、
最終ダメージが増加するようになり、4次転職以降は最大25%まで上昇する。
更に、主力スキルであるミストイラプションはそれ自体に持続ダメージ数に応じたダメージ増加効果があるし、
5次スキルのドットパニッシャーも周囲に与えている持続ダメージ数に応じて、召喚する火球が増える。
総じて、持続ダメージを多く与えておく意味が他の職業に比べて遥かに大きい。
(ファーベントドレインにカウントされる)持続ダメージを付加するスキルは、
①ボイズンブレス、②ボイズンミスト、③テレポートマスタリー、④ナムネスバインド、
⑤フレイムヘイズ⑥イフリート⑦メギドフレイム⑧ドットパニッシャーの8つ。
このうち、⑧は持続ダメージ時間が再使用待機時間より短く、①は威力不足なので、
基本的に②-⑦により5つの持続ダメージを維持する。*1
尚、スライムウイルスは若干仕様が特殊なためか、持続ダメージとしてカウントされないので注意。

スキル振り

1次スキル

推奨順スキル名投資SPスキルLV
1エネルギーボルト11
2テレポート55
3マジックガード1010
4エネルギーボルト1920
5MP増加2020
6マジックアーマー1010
総SP65-

テレポートはジャンプ中等にも使用できるが、他の職業に比べて移動距離が短め。

2次スキル

推奨順スキル名投資SPスキルLV
-エレメンタルドレイン習得済み
1フレイムオーブ11
2スペルマスタリー11
3マジックブースター1010
4スペルマスタリー910
5ハイウィズダム55
6マジックドレイン33
7メディテーション2020
8フレイムオーブ1819
9イグナイト1010
10マジックドレイン710
11ボイズンブレス1010
総SP94不足:1

後々使わなくなるフレイムオーブ削りでいいだろう。
もっとも、ボイズンブレスを削るのでも大きな問題はない。

3次スキル

推奨順スキル名投資SPスキルLV
1エクスプロージョン11
2テレポートマスタリー11
3エレメントアンプ1010
4マジッククリティカル1010
5エクスプロージョン1920
6テレポートマスタリー910
7ボイズンミスト2020
8エクストリームマジック(火、毒)1010
9エレメンタルアダプティング(火、毒)2020
10エレメンタルリセット1010
11スライムウイルス1010
12マナバーン44
総SP124不足:6

表ではMAXまで上げても微妙な効果しかないマナバーンを削っているが、
4次転職以降使わなくなるので、エクスプロージョン削りでもさほど問題ない。

4次スキル

推奨順スキル名投資SPスキルLV
-ファーヴェントドレイン習得済み
1ナムネスバインド11
2アーケインイエム11
3イフリート11
4マスターマジック1010
5ナムネスバインド2930
6アーケインイエム2930
7インフィニティ3030
8ミストイラプション3030
9フレイムヘイズ3030
10ヒーローインテンション55
11イフリート2930
12メイプルヒーロー3030
13メテオ3030
総SP255-

狩りは、ほぼ全てナムネスバインドで行うことになる。
ミストエラプションも12体対象なのだが、ディレイやミスト設置に手間がかかり、狩りの主力とはならない。
ボス戦では、フレイムヘイズ→ミストエラプションを繰り返し、ミストエラプションのCTの間にナムネスバインドを使う。
エラプのCT中に最大で3発ほどナムネスバインドを使用することが出来る。
アーケインイエムは、多段攻撃スキルの1発毎にダメージ上昇判定を行うので、戦闘中は常時MAXと考えて問題ない。

ハイパースキル

スキル強化については、ナムネスバインドリインフォース、ボーナスアタック及び、
ミストエラプションの、リインフォースイグノアガード、クールタイムリデュースでいいだろう。

5次スキル

情報募集中

情報提供以外のコメントは削除される恐れがあります。質問スレ13[外部リンク] / 雑談スレ12[外部リンク] / ドロップ討論スレ[外部リンク] / 要望・批判スレ2[外部リンク]
--------------------------------------

お名前:



*1 メギドフレイムの持続ダメージ時間にはエキストリームマジックの効果が及び、60秒持続